2010年03月22日

先生集まれ!

尾張町2丁目 Third Taka (3階部分)


貸店舗
面積 53.97u
敷金 2ヶ月 96,000円
礼金 0円
賃料 43,000円
共益費 5,000円
3階は左図のとおりC部分が対象物件です
事務室兼用の和室があります
うれしい押入付
 ふと気がついて上を見上げれば、何やら楽しそうな声が聞こえてくる…
 お稽古事か、尾張町ならばさもありなん

 橋場町、主計町、東山にほど近いこの地で粋なお稽古事の教室、持ちたいとお考えの先生方、どうぞいらっしゃい!

 もちろん、教室に限定しての募集ではございません
 いろんなアイデアでお使いいただけます

 抜群の地の利に加え、リーズナブルなお家賃、ぜひチェックしてみてください
posted by 加賀殿 at 17:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高いところはお好きですか?

尾張町2丁目 Third Taka (4階部分)


貸店舗
面積 168.52u
敷金 2ヶ月 250,000円
礼金 0円
賃料 120,000円
共益費 5,000円
テラス付
駐車場1台込み!
 広いお家、広いテラス、そして眺望
 この三つを兼ね備えたこの物件は必見です!
 なんと、これが4階建ビルの最上階

 この4階全てをお貸しします
 ですから広いです、個室4部屋ですから、それにフラット!
 テラスも広いです、夏の夕涼み、ビール片手に…、嗚呼、夢のようです
 眺望も最高!特に卯辰山方面を望むことが出来ます

 仕事や日々の生活の疲れ、癒されます
 それが、街中尾張町で実現します!

 ぜひぜひ、一度ご覧下さい
 詳細についてご説明いたします
 
posted by 加賀殿 at 17:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

昔ながらの良いものを今に!

尾張町2丁目 Third Taka (1階部分)



貸店舗
面積 100.23u
敷金 3ヶ月 450,000円
礼金 0円
賃料 173,000円
「中心市街地出店促進事業」の対象物件です。
上記家賃の2分の1が補助されます。(補助の限度額は年間100万円で期間は2年間です)
当該制度で家賃は実質86,500円!
 先のテナントビルの1階のご紹介です。

 先人の智恵・自然素材・健康をキーワードに食・住・文化のコラボレーション、そんな小粋なお店でも…

 店舗前のスペースを素敵にディスプレして、道行く人々を立ち止まらせ、膨らむ興味をそのままにお店の中へとご案内!笑顔と楽しい会話のあふれるお店、尾張町にふさわしいお店をあなたの手で。

 お店を開くあなたを協力にサポートします。「中心市街地出店促進事業」詳細についてはお問い合わせください。
posted by 加賀殿 at 19:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

歴史と伝統の香りに抱かれて…

尾張町2丁目 Third Taka (2階部分)



テナントA
面積 100.14u
敷金 2ヶ月 154,000円
礼金 0円
賃料 70,000円
共益費 7,000円
テナントB
面積 33.94u
敷金 2ヶ月 60,000円
礼金 0円
賃料 26,000円
共益費 4,000円
 武蔵が辻、橋場町、そして金沢城に程近い尾張町2丁目、町民文化館と蓄音器館とのほぼ中間に位置するテナントビルの2階をご紹介します。

 古き好き町並み、ここで育まれ今に伝わる伝統文化、まさに「金沢」を象徴するこの街で何かを始めてみませんか。
 ひとつ、ここにお習い事の教室などはいかがでしょう。
 集う人々の出会いと活気。
 それが、新たな文化を産み出すことになるかもしれません…
 そんな期待を抱かせる魅力的な場を創ってはみませんか?

 ぜひご覧下さい。お待ちしております。
posted by 加賀殿 at 20:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

建物は足元が肝心です!

試験機  試験風景

 このところの海外での大地震で、あらためて建物の耐震性に関心を持たれた方も多いことと思います。
 建物の耐震性の重要ポイント、それはまず基礎にあります。しっかりとした基礎に建物が支えられなければ耐震性は望めません。その前提として、建物を建てる土地の地下がどのような状況にあるかを把握しなければなりません。
では、どうするのか?当然のことですが、穴を掘れば分かります。しかし、面倒な作業の上にそれまで締まっていた土砂を緩めてしまうことにもなり、土地の状況を悪くしかねません。
そこで登場するのが、上のような試験機です。ロッドの先端にスクリューポイントと呼ばれる円錐形のきりを取り付け、地面に突き立て、おもりを乗せて沈み具合を測定します。沈みが見られない場合は、上部に取り付けてあるハンドルを回転させ、25cmごとに何回転したかを計測し、地盤の強弱を判断するものです。

試験結果

神田木材ではこの試験を実施し、その結果に基づいて基礎及び上部構造の設計を行っています。
それでは、足元を固めて次のステップへ!
posted by 加賀殿 at 15:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

石川 金沢 バリアフリー住宅改修工事

バリアフリー住宅への改修工事で手軽に設置できる手摺工事


たかが手摺 されど手摺 4

手摺をつけて、閉じこもりをふせぐ


トイレを一人でできるかどうかは、尊厳に大きく関わることです。

毎日使用するトイレのあり方を見直してみましょう。


トイレ内の手摺というと、L型手摺をつけておけば問題ないと考える人が多いようです。


しかし、それを使う人にとって手摺の長さや位置が適切でないと、身体に負担をかけることになりかねません。


トイレの形状はさまざまで、高齢者の動作も百人百様なので、その方の動作確認をして、手摺の位置と形状を見極めてから設置しましょう。


高齢になると、夜間トイレへ行く回数が2度3度と増えてきますが、その際に十分目覚めていないので、転ぶ危険が増します。


トイレの床に段差がある場合はトイレ内の床を上げる等、段差を解消しましょう。



家づくり工房かんだ のご提案です。


元金沢市バリアフリーな住生活改善出張相談員より


金沢市米泉町  神田木材株式会社
0120-483-146



posted by 加賀殿 at 22:39| リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

石川 金沢 バリアフリー改修工事

バリアフリー住宅への改修工事で手軽に設置できる手摺工事

たかが 手摺 されど 手摺 3

ローカをつたい歩きしていて、開口部へきたら掴まるところがなくなって立ち往生なんてことありますね。


壁のないところは手摺を付けられないと思っていませんか?


そんな場所は、ちょっと工夫がいります。


開口部にしっかりした支柱を立て、跳ね上げ式の手摺をつけます。
扉や長戸からの出入りの時は、跳ね上げて使用する手摺です。


連続して手摺があって、開口部で突然途切れることが危険の元です。


また、階段下部に壁がなくて途中で途切れていることがあります。


足元の不安定な高齢者には大変危険です。
補助の小柱を1階の床面に立て手摺が階段の下まで、連続してつながるようにします。



「手摺があるのに怖くて下りられない」と自信を無くされているかたに喜んでいただけます。


家づくり工房かんだのバリアフリー改修のご案内です。




元金沢市バリアフリーな住生活改善出張相談員より



金沢市米泉町10-39-5   神田木材株式会社
0120-483-146




posted by 加賀殿 at 21:46| リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

石川 金沢 バリアフリー住宅

バリアフリー住宅への改修工事で手軽に設置できる手摺工事

たかが手摺 されど手摺 2


危ない手摺

手摺の取付け方を間違えると、かえって危険なことがあります。

通常、木造の住宅は3尺( 90p )を基準に倍数ごとに柱が設けられています。


例えば、階段の手摺を設置する場合3尺の位置に柱があってそこに手摺の受け金具をとめようとしても、実際には1.2Mの位置にとめることになります。


1.2Mの間隔で手摺をとめると手摺がたわんで危険です。


受け金具を取付ける下地がない場合は、補強用の板を壁下地の構造材に取付けた上で手摺を設置します。


階段の手摺は下りる時の利き手側に取付けるのが基本ですが、曲がった階段の内側は踏み面( 足が乗る平らな部分 )が狭いので危険です。


基本どおりにいかないことも多いのです。


階段手摺で直径45mmくらいの太い手摺を見かけることがあります。


太い手摺は強度があるので、受け金具の間隔をあけることが出来ます。


しかし、握力の弱っている高齢者にとっては、太い手摺は掴みきれず、手をすべらせて階段を踏み外す危険があります。


手摺の太さは35mm程度が適切です。


手摺の太さは位置と、使う人の身になって選びます。


家づくり工房かんだのバリアフリー改修のご案内です。


元金沢市バリアフリーな住生活の改善出張相談員より


金沢市米泉町10-39-5 神田木材株式会社
0120-483-146












posted by 加賀殿 at 20:08| リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

石川 金沢 バリアフリー住宅  

バリアフリー住宅への改修工事で手軽にできる手摺工事

手摺をつけておけば安心と考えていませんか?

たかが手摺 されど手摺 1

無駄な手摺の数々

高齢者の方のための住宅改修といえば、まず「手摺」の取り付けからでしょう

足腰の弱ったお年寄りには助かります。

しかし、手摺の目的を考えて設置しないと、邪魔になるだけのことや、また危険なこともあります。


とくに、浴室の場合では入浴動作は人によって異なるため、必ず利用者の動作確認をしたうえで手摺の形状や位置を決めます。

業者まかせにした結果必要のない手摺を何本も設置されるケースがよくあります。

本人もあれば助かるだろうと考えてしまったというケースです。


ムダな手摺は工事費が高くなるだけでなく、狭い浴室をより狭くします。


取りのぞくにはまた工事費がかかります。

本当に必要な手摺を必要な位置に取り付けます。


これで、3倍プラス1得します。


人間の尊厳の維持
行動範囲の維持
介助の軽減
そして笑顔



家づくり工房かんだ の バリアフリー改修のご提案です。


元金沢市バリアフリーな住生活の改善出張相談員より。


金沢市米泉町  神田木材株式会社
0120-483-146

posted by 加賀殿 at 17:41| リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

金沢バリアフリー住宅  間違いだらけのバリアフリー住宅  

バリアフリー住宅への改修工事

バリアフリーという言葉がではじめた頃、一般の方々はバリアフリーって何のことかわかりませんでした。

また、リフォーム工事業者も何のことかわからず床に段差の無いこと、また手すりを付けることと思っていた節があります。


では、バリアフリーとは何なんでしょう?


廻りにバリアーは沢山ありますが、住まいのバリアフリーとは「生きていく障害を取り除くこと」なのです。

そう、住まいを味方にすることなのです。

「もう年だからできなくてあたり前と思っていたことが、住宅改修をすることで、できるようになる」また頑張れるぞと前向きに生活できるようになる。

何より家族が笑顔で接するようになるのです。


住まい環境の中には、様々なバリアーがあります。

騒音、暑さ寒さ、他の家族との生活の時間帯のズレ、・・・・

よって、そこには住宅ではなく住まい方に合わせてリフォームするという発想が必要となります。


使える手すりが無い、逆に邪魔になる手すりがあることや、役立たずのリフォーム工事をして失敗した等と枚挙にいとまがありません。

「しかし、感動は設計できます」50歳からでも素敵に住まうために、家を住人の味方につけるリフォームです。


例えば夫は定年後、毎日家にいる。今後 その状態が長く続く。
すると、妻は病気にかかったように気分が悪くなっていくといいます。

そんな時、「夫の居場所」をつくってあげる、それだけで妻は楽になる


生活に合わせ、住まいを見直していくリフォームです。

これならば、老いを恐れることがなくなる。

最後まで自分の家で住み続けられることが、多くの人の願いでしょう。


しっかりした提案力もって、そのためのお手伝いをさせてもらうのです。

これが、家づくり工房かんだのバリアフリーなリフォームです。


元金沢市バリアフリーな住生活の改善出張相談員からのご案内です。


金沢市米泉町  神田木材株式会社
0120-483-146




posted by 加賀殿 at 21:34| リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。